Q&A

よくある質問集

新歓活動をするにあたって、
新入生からよくいただく質問をまとめました。

コロナウイルスへの対応

2021年度の新歓はいつからはじまりますか?
新歓活動の開始時期は、大学当局の判断に従って慎重に進めていく予定です。現時点では4月から新歓活動を活動をはじめられる見通しです。詳しい新歓活動に関する情報はTwitterやInstagramにて発信しています。
コロナ禍での練習は、オンラインでの活動が中心になりますか?
秋学期より、少人数ずつですが対面での練習活動ができるようになりましたが、対面での練習に不安がある人にはオンラインでの練習のサポートができるように工夫しています。対面での活動が再開した一方で、現時点では大人数で集まっての練習は出来ず、基本的には動画での練習内容の共有や振り入れが、メインの活動形態となっています。そんな状況下でも、通常時と遜色ない活動が出来るように、工夫を重ねていくつもりです。

練習について

公演直前に活動日が増えたりしますか?
原則、週3回の練習日が基本的な活動となりますが、出演する公演によっては不定期に追加練習が入ることがあります。
深夜練はありますか?
ありません!週3の練習以外で追加練習を行う場合は、メンバー内で予定を調整し、臨機応変に日程を決めていきます。
活動は全部参加しないといけないんですか?
普段の練習への参加は強制ではありません!ただし、出ると決めた公演に関する練習に関しては可能な限り出席してもらいます。
公演への参加は強制ですか?
各公演へ出演するかどうかは、その都度メンバーにアンケートをとります。
学校の勉強が忙しくて、サークル活動にあまり参加できなさそうで不安です。
普段の活動は自由参加なので、心配しなくても大丈夫です!公演に関しても、練習に参加できない分のフォローは幹部や振付者を中心に行っているので、遠慮せず相談して下さい!
出演を希望した公演には必ず出られるんですか?
基本的には出演を希望した公演には全員出ることが出来ます。ただし、出演可能人数に対して希望者があまりに多い場合は、抽選やセレクションなどで出演人数を絞ることもあります。「新歓公演」「文芸祭」「早稲田祭」「定期公演」に関しては、全員参加可能です!

費用について

年会費はありますか?
入会して1年目は、年会費はありません。入会して2年目になるタイミングで年会費を払ってもらうことになります。年によって変わりますが、昨年は10000円弱を年会費として徴収しました。
公演の出演でかかるお金はありますか?
公演によって変わりますが、昨年の出演費は早稲田祭、定演どちらも3000円ほどでした。衣装は自分の服を使ったり貸し借りを行ってなるべく安く済むようにしていますが、みんなで揃える場合などは1000円前後、衣装代がかかることがあります。
タップシューズってどのくらいお金がかかるんですか?
モノによって値段はかなり違いますが、一般的に初心者が購入するシューズの値段は10000円程度です。入会してもらったタイミングで、先輩と一緒に実際にお店に行き、タップシューズを選んでもらう「シューズツアー」を行っているので、そこで自分に合うシューズを選んでください!

サークルの雰囲気について

上下関係はありますか?
厳しい上下関係は全くありません。同期の中でも年齢はバラバラなので、その辺はあまり気にせずに学年や期を超えて、和気あいあいと活動しています。
学部3年で入会を考えてるんですが、上手く馴染めるかものすごい不安です。
メンバーの中には3年生で入会した方もいますし、年齢に関してはみんなあまり気にしないので、心配しなくても大丈夫です!ただし、活動が就活期や社会人になってからも続く可能性があるので、そこら辺が不安な場合は、入会してから幹部と相談しましょう!
早稲田生じゃないんですが、大丈夫でしょうか…?
もちろん大丈夫です!現役メンバーの半数弱はインカレ生です。

タップダンスの技術について

タップダンス初心者なんですが、大丈夫でしょうか...?
現役メンバーの7割以上は、全くの未経験からタップダンスをはじめました。先輩が基礎からゆっくりと教えていくので、安心してください!
タップダンスはリズム感がないと厳しいでしょ...?
ある程度リズム感があった方が上達が早いのは間違いないですが、タップダンスを続けてくうちに、必要なリズム感は自然と身についてきます!